Code of Conduct

Takram 行動規範

Main Visual
この行動規範はTakram株式会社及びその関連会社以下まとめて会社というの従業員及び役員以下まとめて社員というが会社・社会生活において行動する際に規範とすべき基本的な心構えをまとめたものです下記内容をよく読み規範に沿った行動を実践してください
  1. 法令の遵守

    1. 適用されるすべての法令及び社内規定を遵守します
  2. 資産の利用・管理

    1. 会社資産を適切に管理し業務以外の目的では使いません
    2. 会社の知的財産の保護に努めると共に他者の権利も侵害しないよう注意します
  3. 守秘義務

    1. 守秘情報は厳重に管理し決して正当な理由なく他者に漏らしませんまた取引先にも秘密保持を求めます
    2. 社員に関わる個人情報を本来の目的以外で利用しません
  4. インサイダー取引の禁止

    1. 業務上知り得た未公表の重要事実を用いてインサイダー取引またその疑いを持たれるような取引を行ないません
  5. 贈収賄の防止

    1. いかなる形であれ賄賂事業上の利益の見返りまたは不適切な行為を求めて個人に提供される全ての価値あるものの申し出・提供及び要求・受領を行いません
    2. 過度な接待・贈答品についてもそれが事業上の優位性を得るためまたは保持するためになされた場合は賄賂の一種と見なされることを理解し申し出・提供及び要求・受領を行いません
  6. 人権及び労働基準

    1. 事業を行う上で関係する様々な立場の人の人権を尊重します
    2. 適用される現地法令及び国際条約に準拠した労働環境を整備します
  7. ハラスメントの禁止

    1. いかなる身体的言語的性的または精神的な嫌がらせや虐待も許しません
  8. 多様性の尊重

    1. 性別性自認年齢国籍だけでなく経験専門性ライフスタイルなど異なる背景や価値観を尊重しお互いの違いに価値を認めて個々人が能力を発揮できるよう努めます
    2. あらゆる差別や個人の尊厳を傷つける行為を許しません
  9. 環境保全

    1. 環境保全に係る諸法令・規則及び会社が同意している環境関連の各種協定を遵守します
    2. 企業活動の中で環境に与える影響を意識し環境への負荷軽減に努めます
    3. 当社の事業を通じて地球環境の向上や地球環境負荷の低減に資する提案ソリューションの提示意見の表明情報の提供等を積極的に行うよう努めます
  10. 反社会的勢力排除

    1. 反社会的勢力とは一切関係を持ちません
    2. 反社会的勢力からの不当な要求に応じません
  11. 違反時の対応と罰則

    1. 本行動規範に違反した場合は就業規則に則った処分の対象となることがありますまた会社に対して経済的損害を与えた場合には会社が損害賠償を請求することもあります
  12. 相談・通報の窓口

    1. 本行動規範に掲載されている内容などで判断に迷った場合にはメンターへ相談するか#questionにご連絡ください
    2. 違反行為を確認したまたは何かしらの懸念がある場合はメンターへ相談するか下記にご連絡ください郵送の場合匿名での報告も可能です

      責任者:Takram Japan株式会社管理部門取締役Soko
      住所:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-7-4 穏田今泉ビル
      Eメール:info@takram.com