Projects

Bouncing with MOTION & CONTROL

ベアリングをはじめとする機械部品メーカーのグローバルキャンペーン
日本精工株式会社NSKのグローバルキャンペーン__ with MOTION & CONTROLの企画・制作をTakramで行ないました2020年のRunning with MOTION & CONTROLから始まりConnectingDrawingと続き23年はBouncingをテーマに実際の機構・制御システム設計最終的な動画やグラフィックの制作まで行ないました
映像ではあらゆるものにMOTION & CONTROLを提供するNSKその素早く緻密な動きを駆使し未来へと飛び出す様をNSK独自の機構を用いて表現しています

コミュニケーション設計

2020年のRunningから始まり今回で4作目となる動詞シリーズと呼ばれる本キャンペーンは日本精工株式会社NSKのコミュニケーション戦略を検討するところから始まりました

動詞シリーズではマス層に対する総花的なメッセージングではなくコア層を中心にファンになってもらうようなコミュニケーションを目指しています
毎年NSKの技術者とともに自社製品を用いたエンジニアリングを追求することにより社外に対してはもちろんNSK社内のメンバーにとっても誇らしく思ってもらえる企画となっています

Image
今回検討したコミュニケーション戦略は量を測るファネル型から質を測るホイール型に基づいています
結果として本プロジェクトは技術部や営業部人事部といったさまざまな部署を巻き込みそのすべてを繋ぐような施策となっています

アイディエーション

プロジェクトは毎年NSKのさまざまな部署から集まった有志とのアイディエーションから始まります今年はどんなゴールを目指すのか各々が目標を掲げペンを持ち多くの議論を重ねました

NSKがビジョンに掲げるあたらしい動きどの製品であれば生み出せるのかまずは大胆にアイデアを発散させそのなかから可能性の種を拾い上げます

Image
Image
少しでもおもしろそうなアイデアがあればレンダリングをして完成形をイメージしながらアイデアを膨らませていきます

プロトタイピング

アイディエーションと並行してさまざまな素材を用いたプロトタイピングも行ないます頭と手を同時に動かすことでできると思っていたアイデアが実現できなかったり予想もしないおもしろい動きを見つけたりとさまざまな発見が生まれます

Takramではプロトタイピングを技術検証としてだけでなく新たなアイデアを生み出すための踏み台と考えこれらをいけにえサクリファイスとしてサクリファイス・プロトタイプと呼んでいます

Image
最初は極めてシンプルなプロトタイピングからはじめ各アイデアがもつ可能性や限界を検証します
金属板の材質や厚み焼き込み等による反射率の違いをテストし最適な反射を探る必要があります

構成検討

アイディエーションとダーティプロトタイピングを繰り返し数多くのアイデアがテーブルに並んだ段階でアイデアの選定を行ないます

似たようなアイデアをグループ化し①技術的に実現可能か②コンセプトを適切に表現できているかという2つの基準から絞り込むことで最終的な方向性を定めます

23年は球を空中に飛ばしてコントロールするという方向性に定め具体的な演出へと進みました

Image
Image
球を空中でコントロールするなかでNSK製品ならではのより精緻な動きを表現できる演出を探ります
映像の構成を判断するうえで球が実際にどのような動きをするのかを事前に知る必要があります精度のある複雑な動きはプロトタイプでは確認できないためシミュレーターを開発し球がどのように宙を舞うのかを把握します

機構製作

機構の製作は高精度なプロトタイプテストショットと本番製作の2段階に分けて行ないますテストショットの段階では機構の剛性や想定通りの動きが生まれるかを検証本番用の機構ではさらに高い精度を追求します

また制御のためのソフトウェアは毎年機構に合わせて専用のものが開発され高い精度をもつ動きを支えています

Image
Image
最初はむき出しの状態で剛性や球の軌道を調整しますこの段階で致命的な問題を解消していきます
Image
専用のソフトウェアを開発しテストショットを動かすことでより高い精度を目指します

撮影

撮影では機構の精緻さを伝えるために事前に3Dレンダリングを活用し画角やカメラアングルなどの計画を細かく練り上げてから本番に臨みました

高精度なカメラを使用しあたらしい動きが生まれる瞬間を捉えた映像が完成しました

Image
Image
シーンの流れや画角をレンダリングで確認します
コンテを基に画角やカメラ位置も確かめます

グラフィックへの展開

このプロジェクトで開発された機構は動画に限らず新幹線の車内ポスターや日経新聞にも掲載されるなど幅広いメディアを通じて発信されました

__ with MOTION & CONTROLキャンペーンはビジネス戦略テクノロジークリエイティブの各側面において高いクオリティーを目指して制作されています

Image

Project Information

Project Team

Thumbnail
Tatsuya Narita
Prototyping Engineer, Designer, Project Director
Thumbnail
Megumi Kanno
Business Designer, Project Director
Thumbnail
Tomoro Hanzawa
Graphic Designer, XR Designer, Project Director
Thumbnail
Keisuke Oyama
Design Engineer, Sound Designer, Project Director
Thumbnail
Satoru Osawa
Design Engineer
Thumbnail
Minoru Sakurai
Design Engineer, Project Director
Thumbnail
Ken Fujiyoshi
Design Strategist, Project Director

Related Projects

View all projects
Thumbnail

Connecting with Motion & Control

ベアリングをはじめとする機械部品メーカーのグローバルキャンペーン
Thumbnail

with Motion & Control

ベアリングをはじめとする機械部品メーカーのグローバルキャンペーン
Thumbnail

The Pokémon Scholarship Website Renewal

The Pokémon Scholarshipのウェブサイトリニューアル