Projects

Material Bank®︎ Japan

世界最大の建材サンプルマーケットプレイスの日本市場向けブランド構造の策定
Takram世界最大の建材サンプルマーケットプレイスMaterial Bank®︎の日本市場展開に向けてブランド構造の再構築とコミュニケーション戦略を策定しビジュアル&バーバルガイドラインや日本向けのブロシャープレゼンテーションデッキなどの制作を行ないました
Main Visual

Material Bank®︎は2019年に米国で建材サンプルのサービスをスタートし現在では450以上の建材ブランドと10万人以上のユーザー会員を抱える世界最大の建材サンプルマーケットプレイスとして成長しています

Material Bank®︎はさまざまなブランドの建材サンプルを1つのサイトで素早く検索できるデータベースと独自のロボット物流設備を組み合わせることで建材サンプルの手配の効率化したサービスモデルを足がかりに初の海外進出先として日本での事業展開を発表しました

TakramMaterial Bank®︎が提供しようとしている本質的なブランド価値に立ち返り日本向けのブランド構造とガイドライン・具体的なコミュニケーションツールのデザインを通してサポートしました

Image

翻訳ではなくバリューマーケットフィット

海外から日本に展開をするブランドが陥りやすい課題として本国のコミュニケーションを表層の言語レベルで翻訳したのみで展開してしまうがためにブランドがもつ思想や世界観といった本当に提供したい価値そのものまでがうまく伝わりきらないケースがあります

こうした課題に対してTakramはビジネス・ビジュアル・バーバルデザインに長けたメンバーだけでなく米国の文化背景をよく知るニューヨークスタジオのメンバーを加えたチーム編成でMaterial Bank®︎の本質的な価値に根ざした日本市場に適合するブランド構造を再構築しました

Material Bank®︎創設者のAdam I. Sandow CEOへのインタビューをはじめさまざまなリサーチを重ね2つの重要なインサイトを得ました
1つめはMaterial Bank®︎が目指すミッションや提供する機能的価値は米国でも日本でも同じであること
2つめはその確かな利便性と革新性は日本の既存市場を壊すディスラプターではなく既存プレイヤーを手助けする存在であるというブランドのスタンスを的確に伝える必要があること
この2つのインサイトに基づきブランドの価値を日本市場に的確にコミュニケーションするバリューマーケットフィットと呼べるようなブランドコミュニケーション戦略を構築しました

Image
ブランド構造の中でもぶらさず共通して持つCore部分とマーケットによって調整するAdjust部分を構造として明確にすることで全社員の認識を揃えることを目指した

ブランド構造から紡ぎ出すブランドボイス

日本市場に向けたコミュニケーションを的確に行なえるようにするため本国で展開されていた必要最小限の要素に日本独自のブランドパーソナリティなどを付け加える形でブランド構造を新たに整備しましたこの構造からすべてのコミュニケーション施策を展開することでブランドに関わる全社員が納得感と統一感をもつことが可能になります
Image
本国では規定されていなかったブランドパーソナリティやTone of Voiceなどを日本市場向けに策定することでコミュニケーションの指針を構造的に定めた
なかでももっとも注力したのがバーバルガイドラインの策定でしたブランドパーソナリティを形づくるには顧客と直接接するセールスパーソン一人ひとりの言葉選びが重要になるため全社員がブランドのパーソナリティを理解しそれを表現できる必要があるからです
すでに母国語でベースがあるバーバル部分を日本市場に向けてどうチューニングするのかTakramのバーバルデザイナーがシーンによっての言葉の使い分けや Dos & Dontsなどブランドらしい言葉選びの指針になるわかりやすいガイドラインに落とし込んでいます
Image

マーケットフィットのクオリティをつくり出すビジュアルチューニング

国をまたいだブランド展開を精度高く実現させるため言葉の翻訳だけでなく本国の欧文フォントに合う和文フォントの選定とチューニングそれに合わせたTone & Mannerやレイアウトの微調整を緻密にデザインしました

すぐに使用できるブロシャーやプレゼンテーションデッキやテンプレートのデザインこれから増える仲間に向けたブランドガイドラインなどブランドローンチに必要となるツールすべてに反映させることで効果的なブランドの打ち出しをサポートしています

Image
Image
本国のブロシャー英語版のレイアウトを踏襲しながらも日本向けに言葉の再選定やデザインの微調整を行なった

Project Information

  • Client: DesignFuture Japan Co., Ltd
  • Expertise: BrandBusiness
  • Year: 2022

Project Team

Thumbnail
Motosuke Fukuda
Experience Designer, Project Director
Thumbnail
Hayato Shin
Business Designer, Project Director
Thumbnail
Maria Shimizu
Graphic Designer
Thumbnail
Naoaki Iwamatsu
Industrial Designer, Service Designer, Project Director
Thumbnail
Yoshifumi Yanai
Verbal Designer, Project Director
Thumbnail
Kotaro Yamaguchi
Designer, Project Director
Thumbnail
Atsutaka Ino
Brand Designer

Related Projects

View all projects
Thumbnail

motta Rebrand

ハンカチ専門ブランドを体験や世界観からリブランディング
Thumbnail

TAMRON New SP Series

カメラ用交換レンズのプロダクトデザインとリブランディング
Thumbnail

TOKYO URBAN STUDIES

東京の未来を考えるための人口推移データの可視化