Projects

SIGGRAPH Asia 2024

SIGGRAPH Asia 2024のブランディングデザイン
Takram202412月に東京で開催されるコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する国際会議と展示会SIGGRAPH Asia 2024のブランディングデザインを担当しました

1974年にアメリカで開催され以降毎年夏に北米で開催されるコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する国際会議 SIGGRAPH2008年からはSIGGRAPHのアジアイベントとしてSIGGRAPH Asiaが毎年冬にアジア地域を巡回しながら開催されています

SIGGRAPH Asiaも北米同様研究科学アートアニメーションゲームインタラクティブ技術教育新技術の情報に刺激を求める世界中のテクノロジー分野とクリエイティブ分野で活躍する研究者やクリエイターが数多く国際会議・展示会となっています
2024年の開催地として東京が選定されTakramはウェブやポスターなどさまざまな媒体で展開するためのブランディングデザインを担当しました

Image

Curious Mindsの解題

今回のキーワードであるCurious Mindsいかにすれば表現に落とし込めるか過去にSIGGRAPHで発表されてきた研究を活用したらどうなるのかあるいはSIGGRAPHの取り組み自体をCurious Mindsという視点で読みといたらどうなるのかその解題にクリエイティブプロセスの多くの時間を割きながらCurious Mindsというキーワードを深掘りしていきました
リサーチを進める過程でSIGGRAPHが重ねてきた歴史そのなかで発表されてきた研究それ自体が積み重ねられたCurious Mindsの集積であるというコンセプトが浮かび上がってきましたそれをビジュアルで表現するためまさにCurious Mindsの集積である過去にSIGGRAPHで発表された研究を用いたビジュアルを制作することにしました

年輪のように積み重ねられた
Curious Mindsの集積をビジュアルとして表現

そのなかから採用されたのがプロシージャルテクスチャを用いたビジュアルでした
プロシージャルテクスチャは3DCGモデルのレンダリング時に計算によって生成されるもので何らかしらの規則性を備えたテクスチャを表現することに適したものです

今回ビジュアル制作に活用した研究Procedural Texturing of Solid Wood with KnotsSIGGRAPH2022で発表されたもので木目のテクスチャをプロシージャルかつ立体的に生成することができますそれによりSIGGRAPHにおけるCurious Mindsの集積を年輪のように積み重ねられたビジュアルとして表現することができました

Image
Larsson, Ijiri, Yoshida, Huber, Fredriksson, et al. Procedural texturing of solid wood with knots Paper PDF, 3, Fig.5
Image
Image
Image
Image
Image
Image
Image
Image

Project Information

  • Client: Koelnmesse
  • Expertise: Brand
  • Year: 2023

Project Team

Thumbnail
Tomoro Hanzawa
Graphic Designer, XR Designer, Project Director
Thumbnail
Hisato Ogata
Design Engineer, Project Director

Related Projects

View all projects
Thumbnail

VISASQ Rebranding

サステナブルにカルチャーを融和する統合型ブランディング
Thumbnail

J.LEAGUE 30th Anniversary

Jリーグ30周年記念のアニバーサリーロゴとメインビジュアルのデザイン
Thumbnail

Virtual b8ta

デジタル・ツインを駆使した買い物体験